英語が口から出てこない😥脱・沈黙!便利な時間稼ぎフレーズ🤩

キルトでの学び

Good evening, everyone🌉
東所沢にある、English Studio QUILT/英語スタジオ・キルト代表のYuriです。

TGIF!(久しぶりに使ったね😉)

先日、学習者の方からこんな質問が。

英語を話そうとするとき、なかなか単語が出てこなかったり、どうやって文を組み立てていいか、わからなかったり。。そんな時、時間稼ぎに使えるフレーズありますか? “Let me see” なら知ってるんですけど。。。

たしかに!日本語で普通に話すときも

「えー」とか「あれ、なんでしたっけ~」とか
「あー」とか「うー」とか

とにかく色々、間をつなぐ言葉ってありますよね💡

パブリック・スピーキングというか、オフィシャルな場、発表する場などでは極力無い方がいい「フィラー」と呼ばれる言葉ですね。
(フィラーとは”filler” すなわち「(間を)埋めるもの」)

でも実際の会話では、ある方が自然だし💡
こういう言葉が自然に出てくると、英語喋れる人っぽーーい✨ってなりますよね。
なので、便利なフレーズを今日はご紹介!!

「あー」「えっと」系

まずは簡単なものから!

um…    (アン)
→「ン」の音は、唇同士がくっついた「ン」です💡

uh… (アー)

well… (ウェぅ) 
→ウェ「ル」になってしまわないよう注意!

「なんか」系

like (ライク) 
→「~みたいな」の意

something like (サンシン ライク) 
→「あれ的なやつ」 的な😁

kind of     (カインドぅ) 
→もっとくだけて、カインダ

sort of   (ソートぅ) 
→アメリカ英語では「ト」が「ロ」になる

「ほら」「だから」系

So (ソウ)
→バイリンガルの人と話してると日本語の「そう」と ”So” がいつもごちゃ混ぜになる😆

You know  (ユノぅ) 
→北米では普通、でもイギリスの友人が「これ、カチンと来るんだよね」と言ってたので要注意😅

I mean (アイミーン)
→「つまり」や「だから」と言い直す/言い換えるときに

Actually (アクシャリ)
→これ一番使っていたかも。当時「これ、日本語で言う『ていうか~』と同じじゃない?!」と思っていた💡

「そうだなあ」系

let me see… (レミスィ)
→よく「えっとー」と訳されてるけど、あんまり使ってる人見たことない💦どちらかと言うと何かを探したり、スケジュールをチェックするときなんかに「ちょっと待ってね」的なニュアンスで使う人多し😗

let’s see… (レッツスィ)
→基本的には、Let me seeと同じ。でも、私はLet me see より、Let’s seeを多用していた💡こっちの方が「そうだなあ~」に近い気がしている😊

もっと時間稼ぎ!「何と言えばいいのかな~」系

How can I say… (ハぅキャナイセイ)
→「何と言えばいいのか」

How should I put it..? (ハぅシュダイプティ)
→「どう言い表したらいいのか」

It’s kinda hard to say this… (イツカインダハートゥセイディス)
→「表現に困るなあ」

It’s on the tip of my tongue… (イツォンダティポマイタン)
→「ここまで出かかってるんだけど」

I don’t know how to say this in English but… (アイドンノウハぅトゥセイディスィンイングリシュバッ)
→「英語でどう言ったらいいのかしら」

もし、英語話す機会があるよ~って方は、使ってみてください!
組み合わせるのもよし!

ではではみなさま、 have a great weekend!

Yuri

東所沢の英語教室ならEnglish Studio QUILT/英語スタジオ・キルト

★子ども英語プレゼンテーション★
★大人のための英語学習コンサルティング★
★TOEIC®スコアUPプログラム★

LINE公式アカウントも出来ました★
友だち追加


3+

コメント

タイトルとURLをコピーしました